狭小住宅って知ってますか?

ホームへ戻る > 狭小住宅って知ってますか?

二世帯住宅の建て替えとリフォーム
仲介手数料の意義
住宅ローンの選び方
住宅ローンの諸費用について
家の購入で重要な業者選び

狭小住宅15坪(50m2)以下の土地に建てられた家のことを狭小住宅と呼びます。注文住宅で家を建てる場合にもともとの土地が狭かったり、予算上どうしても広い土地を購入することができない場合は、仕方なく小さな家を建てざるをえません。特に東京などの大きな街では、土地が狭いだけでなく変形した土地だったりして、工夫をしてその土地に家を建てることになります。狭小住宅はむしろ注文住宅だからこそできることかもしれません。


また土地の面積が極端に小さい場合や変形していると、土地代は相場より安く購入できることがあります。これは土地の買い主が土地が極端に小さい場合や変形していると、注文住宅で建てるしかなくいろいろな制約が多くなってしまうと敬遠されるからです。たださまざまな工夫をすれば狭かったり変形した土地でも、敷地を最大限に利用し明るい家や広く感じられる家を建てることも可能です。

たとえば限られた敷地を活かすひとつの方法が高さを利用することです。2階建てや地下室を作ったり、規制がなければ3階建てや時には4階建てにすることも可能な場合があります。また屋上を作れば屋上でガーデニングを楽しんだりすることもできます。それ以外にもお子さんや犬などのペットの遊び場に使うこともできます。収納も床下収納や階段下のスペースを利用した収納も可能です。また1階と2階の間に中2階などのスペースを作ることで、さらに床面積を増やすとこともできます。