住宅ローンの諸費用について

ホームへ戻る >  狭小住宅って知ってますか?  > 住宅ローンの諸費用について

住宅ローンには、諸費用がかかります住宅ローンには、諸費用がかかります。事務手数料や、税金がそれぞれかかってきます。不動産を購入する際には、さまざまな契約書が必要になります。例えば、住宅を購入する際の売買契約書、建築を依頼するときの工事請負契約書、住宅ローンを借りる際の金銭消費貸借契約書(住宅ローンの契約書)などがあります。これらには、すべて印紙税がかかるので、契約書に必要な金額の収入印紙を購入し、貼って消印して支払うことになります。税額は契約の種類と契約書に書いてある金額によって違います。


また、登録免許税も必要になります。登録免許税は、不動産の所有権などの権利を登記簿謄本に記載するときなど、登記手続きにかかる税金になります。登録免許税は、登記する権利の種類によって税率がそれぞれ決まっています。新築の住宅の場合、建物の表示登記が行われますが、これは非課税です。表示登記ののち、建物の所有権保存登記が行われます。中古住宅の場合は、所有者が変わることになるので、所有権移転登記となります。そして、住宅ローンを組む場合に金融機関が担保を取るために、抵当権設定登記が行われます。

司法書士に代行を頼んだ場合は登記手続き代行手数料も必要となってきます。手数料では、金融機関に支払う事務手数料があります。事務手数料は金融機関によって金額が違いますので、確認しておきましょう。手数料は融資額の○%というふうに設定されていて、手数料率に応じて適用される金利が決まります。金融機関によっては、支払った事務手数料に応じて金利が安くなるローンも出てきているようです。


ローン保証料もかかります。これは、保証会社に、返済が滞った場合などに返済を肩代わりしてもらうためにかかる費用です。ただし、肩代わりしてもらっても、それは保証会社に返済先が変わるだけなので、借りる人にとっては変わりません。金融機関によっては、保証料がかからないところもあります。また、借りた人に何かあったときのための団体信用生命保険に加入しなければならないということもあります。そして、リスクに備える保険として、火災保険に加入することが、住宅ローン借り入れの際に必須となります。