子供の歯列矯正について

ホームへ戻る >  リフォームの種類  > 子供の歯列矯正について

歯列矯正は、成人になってからでも治療が可能ですが、多くの場合は子供の頃にすませてしまうことが多いでしょう。それは、歯が動きやすいといった利点や、顎の成長をコントロールできるといったことから奨励されているのです。一般的によく言われているのが、永久歯が生えはじめる7歳前後から、生え揃う12歳前後までの間が矯正治療に適しているということです。欧米などでは子供が小さいうちに診察を受けて、顎などに異常がないかなどを含めて矯正治療が必要か否かを判断してしまうことが多いようです。


とくに、子供の上顎の発達が悪いケースなどは、早い時期に治療を始めてしまうことで、顎の形を正常に整えていくといった良い結果に結びつくことが多いのです。また、子供の場合では、歯並びが悪いことで衛生状態がよくなかったり、本人の心理的な部分にも影響を与えることがあるので、矯正治療をすることが望ましいと考えるケースもあります。親がきちんとした養育を行っている目安とも考えられていることもあるので、早いうちから口腔ケアの意識を持つことが大切だと言えるのです。

また、噛み合わせが悪いことで噛む力が弱いと、よく咀嚼せずに飲み込んでしまうことで肥満になりやすいといったことも考えられます。他にも噛むという運動が脳を活性化させることもわかってきました。矯正治療の必要性は、食育などの分野とも関係のある噛む力ということから考えてみても、子供の成長にとって重要な役割を果たすということなのです。