子供時代に歯の矯正をすませておく理由

ホームへ戻る > 子供時代に歯の矯正をすませておく理由

ホワイトニングとは
インプラントセンターを選ぶときの基準
インターナショナルスクールの注意点
総入れ歯の相場
PMS月経前症候群の基礎知識

子供の歯並びや噛み合わせが悪いのを放置したままでいると、後々に重大な問題が生じてしまう原因となります。デンタルケアがしづらくなることで、口内の衛生状態が悪くなってしまうことも考えられますし、顎の成長にも重大な影響が出てしまうことも考えられます。あるいは言葉を話す際に息がもれてしまうことで、正しい発音ができないまま育ってしまうといったこともあるのです。


矯正治療を子供のうちにすませてしまうことで、歯並びや噛み合わせを治すだけでなく、成長していくのに必要な他の分野においても良い結果が生まれるというわけです。他にも例をあげるならば、噛み合わせが悪く、噛む力が十分に発達しないと、食事の時によく噛まずに飲み込んでしまうことが多くなり、胃腸に負担がかかったり、肥満になりやすいといったことがあげられます。また、力を込めたときに踏ん張る力がないと運動能力も発達していかないのです。

そして、顎にバランスの悪い負荷がかかることで顎関節症のような障害を引き起こすことも考えられるのです。ですから、子供時代に歯の矯正治療を受けて、きちんとした噛み合わせを獲得しておく必要があると言えるのです。そのためには、専門医に診察をしてもらうのもそうですが、親が日頃から注意をしておくことも大切です。正面から見たときに、顎が前後、左右にずれていないか。子供の前歯の正中線は揃っているか。噛み合わせは大丈夫かといったことから、矯正治療が必要かどうか日頃から気にかけておきましょう。