注文住宅と住宅ローン

ホームへ戻る >  BBクリームの種類・分類  > 注文住宅と住宅ローン

住宅ローンといかにうまく付き合うかも注文住宅を建てる上で重要なポイントとなります。建売住宅を購入するよりもやや面倒な部分がでてくるため、きちんとした手順で住宅ローンを組む必要があるのです。


まず費用の問題。設計料や設備・資材の費用など、こだわりが強ければ強いほど総費用がかかります。十分な融資を受けられるのかどうかを確認しておく必要があるのです。それから時期の問題。注文住宅ではまず建築会社探しとプランの決定に多くの時間をかけることになります。その間にローンの申し込みも行っておく必要があります。ローンの事前審査は建築会社の見積書で行うケースが一般的ですから、そのタインミングに合わせて申し込む必要があるのです。

もうひとつのポイントとなるのが、いつから融資を受けることができるか、です。住宅ローンは原則として抵当となった家が完成した段階で融資が行われます。ですから工事請負契約後に家を建て始める注文住宅の場合は融資が間に合わない可能性もあります。注文住宅では請負契約時に総費用の10%、工事着工時に30%、上棟時に30%、そして完成時に30%という割合で費用を支払っていくことになります。ですから住宅ローンが間に合わない場合にはつなぎ融資の利用も視野に入れなければなりません。住宅ローンを取り扱っている金融機関では家が建ってからでないと融資できない場合と、請負契約書と建築確認書があれば融資が可能になる場合とがありますから、事前によく確認しておくことが重要です。もちろん、頭金をどれだけ用意しておくかも重要なポイントです。


このように、注文住宅を建てる際には住宅ローンの選択や手順に注意が必要となります。途中で困ったことにならないよう、しっかり把握しておきましょう。