ホワイトニングで手に入れる歯の美しさとは

ホームへ戻る > ホワイトニングで手に入れる歯の美しさとは

一戸建てを購入する方法
注文住宅の設備
注文住宅のための土地探し
賃貸物件のチェックポイント
一般家庭の水の消費量

『歯は白い方が美しい』と考える人が現代社会では多いです。その為、ホワイトニングは注目を浴びています。ホワイトニング方法は様々です。お金をかける人もいれば、なるべく低料金でホワイトニングを試みる人もいます。


歯が白いということは、魅力的です。歯科医院で時々見る光景があります。老人が部分入れ歯を作ろうとしています。老人は白い歯を作ることを希望していますが、歯科医は少し黄ばんだ歯を勧めています。お金をかけて入れ歯を作るのに、美しい白い歯を希望するのは当たり前ではないか、と思う人もいることでしょう。歯科医が少し黄ばんだ歯を勧めているのには、もちろん理由があります。歯は、年齢を重ねると黄ばんでくるのが自然です。老人の残っている歯は、年相応に黄ばんでいます。その為、あえて黄ばんだ歯を勧めているのです。部分入れ歯を装着した際に、自然に見えることは審美的には重要でからです。

ホワイトニングを行うのに、年齢制限はありません。肌のシワを隠せない年齢があるように、歯が黄ばんでいて当たり前の年齢、というのもあります。歯科医院でホワイトニングを強要された、という話は滅多に聞きません。逆に、歯の黄ばみについて患者さんに相談されたが、納得してもらうことが出来なかった、という話はあります。歯が美しい=歯が白い、という定義は必ずしも存在しません。『一般的な考え』と『自分の年齢』の間で悩み過ぎる人も多くいます。年相応の美しさが肌にもあるように、歯にも年相応の色見というのがあります。